イラストレーションと私

デジ絵を描くためペンタブレットを購入、商業的に安定したイラストを作成する方法を研究しつつ、腕を磨いています。

デジタル、アナログという括りは関係なく、「絵」としての完成度と効率のバランスを重視してイラストを作成します。

長らく印刷に関わっていたので、印刷を前提としたデータを作成することが可能です。

現在制作できるタッチ

まず、ネコちゃんの見本をイラスト化しながらタッチの確認をします。

Illustrator

カッチリした線画やアニメタッチ、勢いのあるブラシのタッチで作成できます。ベクトルデータなので拡大縮小しても荒れず、二次使用も容易です。イラストは基本RGBで作成しますが、印刷用のCMYKで作成することも可能です。

主線はIllustratorで塗りを他ソフトで作成することもできます。


線画を起こします。



部分拡大。



色や影、ハイライトをつけて完成。



スウォッチでカラー管理しているので、カラー調整が容易です。



影とハイライトも独立して調整できます。


Painter

多彩なナチュラルブラシが特徴のアプリケーションなので、様々なタッチで作成できます。


手描きの基本はこのタッチになります。


Art Rage

基本はPainterに似ているけれど、水彩風の表現はこちらが好みです。コテコテの油絵タッチもどちらかといえばこちらが好み。


透明水彩の表現はArtRageを使います。古いPainterの水彩に似た感覚です。



コテコテ、モリモリの油絵風。Paintarにも同様の機能はありますが、個人的にはこちらがしっくりくる。


その他

画像を加工してイラストチックにすることも可能です。これは元画像次第になりますが、低コストで見栄えのするイラスト(と呼ぶのは抵抗あるけど)が作成できます。


画像を加工したもの。


アニメーション

GIFアニメやflashアニメ、ムービー形式の作成もできます。


アニメーターではないので動きはぎこちないですが、動画から起こして作成することもできます。